文字サイズ
よみがな
煙草たばこをくわえて まどげたら
ようやく自分じぶんもどったがするぜ
あんなに たやすく わかれをぶつけるままなおまえに
てはしない

出会であいはみなみあらしのようで
こそぎ昨日きのうをさらったこい
このままおまえと きてもいいとは
おれらしくもないゆめてた

Habanaのかぜ
ただおまえとねむっただけさ
おわりのないこいなんて 多分たぶんこいじゃないぜ

黄色きいろはたけのうねりをていると
おまえのあつ身体からだおも
よけをろして 部屋へやでは
まるで時間じかんさえまっていたぜ

明日あす行方ゆくえうらなうカード
わかっていたのさ 駄目だめになるって
ひとつところにちつけるはずもないのさ そいつが
おれ運命うんめい

Habanaの かぜはまだ
無邪気むじゃきにおまえをれてくる
きずつかないこいならば しないほうがいいぜ

ブルーな気分きぶんにおかまいなしに
レールのひびきは 希望きぼうきざ
陽気ようきなおまえの 恋物語こいものがたり
ふたりでわらったよるも あったぜ

雑誌ざっしのすみにいたアドレス
かんがえあぐねて かぜにちぎった
どうやら こころを てなおすころ
黄昏たそがれちかづき つぎのStation

Habanaのかぜはいま
ひとつのいろまりだす
やしすぎたこいだから きっとわすれないぜ