文字サイズ
よみがな
にくまれったびゆうけこやけに黄昏たそがれて
ああ からだにはびこった トゲをばらまいて

かわききったのどをぬう 朝顔あさがおむしってべてみる
ああ いくつもいたってきみもどらない

いのったあのよるを よじのぼった金網かなあみ
2人ふたりあつめたかぜしずかにはなちにいくよ

のらりくらり その日暮ひぐらしでぼくきてゆこう
ゆらりゆらり なみだうみもすいすいと

さびしかったひよこの はないちもんめにはじかれて
すねたこころきみだけが しまってくれたこと

やさしすぎた言葉ことばはなえたようなひとみ
まつせたしぐさにいつしか 恋焦こいこがれてた

のらりくらり その日暮ひぐらしでぼくきてゆこう
ゆらりゆらり なみだうみもすいすいと

のらりくらり その日暮ひぐらしでぼくきてゆこう
いのちてるときなら カラスのそばがいい

のらりくらり その日暮ひぐらしでぼくきてゆこう
ゆらりゆらり なみだうみもすいすいと
いつもすいすいと

その日暮ひぐらしで今日きょうきてゆこう
その日暮ひぐらしで今日きょうきてゆこう
その日暮ひぐらしで今日きょうきてゆこう