文字サイズ
よみがな
昼間ひるまにハンモックにってゆらゆらとかんがえてたんだ
スゴロクのような人生じんせいについて
退屈たいくつもあれば刺激的しげきてきもあって
ったりたりほつれた糸屑いとくず

レールをはずれた思惑おもわく
ときだれ曖昧あいまいなままでよるにさよならしてる

きしめてよぼくらはいつでもさむがっている
真夏まなつより砂漠さばくよりあたたかそうな手足てあし
きしめてよぼくらはいつでもさむがっている
すこしだけだっていいやさしくくるみこんでみて

昼間ひるまにハンモックにってぷかぷかとかんがえてたんだ
さかなのようにくちけながら
だれもがだれかへそっとくちづけのチャンスをって
ったりたりまれないストーリー

むねにひそめた思惑おもわく
かれ彼女かのじょかなわないままでよるにさよならしてる

きしめてよぼくらはいつでもさむがっている
真夏まなつより砂漠さばくよりあたたかそうな手足てあし
きしめてよぼくらはいつでもさむがっている
すこしだけだっていいやさしくくるみこんでみて

レールをはずれた思惑おもわく
ときだれ曖昧あいまいなままでよるにさよならしてはねむ

きしめてよぼくらはいつでもさむがっている
真夏まなつより砂漠さばくよりあたたかそうな手足てあし
きしめてよぼくらはいつでもさむがっている
すこしだけだっていいやさしくくるみこんでみて