文字サイズ
よみがな
みきったそのわらこえ
ちっちゃなのひらで
きてきた意味いみさえ
すくげてくれた

あの理想りそう
リビングのすみ
ほこりをかぶってても
私達わたしたちなりのこたえをさがしてきた

ぎっぱなしのくつ
ひしめきあう玄関げんかん
あかみをしたまあるいほお
あんなちっぽけで
なにたぬ二人ふたり
つくりだした光景こうけい

「あたりまえ」という
光景こうけいはきっと
さりげないほどまもられてる
大人おとなになりわたし
記憶きおくはなやぐ
あのぬくもりの正体しょうたい

おもいだすように つくすように
習慣しゅうかんひそんでる
いとしいこの距離きょり
いつでもかんれるように

朝日あさひむと
ほこりさえもひかって
キッチンにはパンのけるにお
きっと再現さいげんしたいのは
いつかのおさなわたし
つつまれてた光景こうけい

家族かぞく」という
光景こうけいはきっと
たくさんのねがいでまもられてく
ときぎてきみ
わたしてゆく
このおもいの正体しょうたい

「あたりまえ」という
光景こうけいはきっと
だれかのねがいでまもられてく
大人おとなになりわたし
記憶きおくはなやぐ
あのぬくもりの正体しょうたい