文字サイズ
よみがな
夏服なつふく子供達こどもたち 夕陽ゆうひつつまれて
ためらいもなく わかげる

きられたブランコがちいさくれてる
振子ふりこめるように つかまえてた

そらいそあしいろえてく
きらいなよるがまた ながくなったと

うそつきだから よるのせいで
永遠えいえんがあるとしんじてた
むねわせ ささやかれた こころかな

おおきくられながら ブランコの列車れっしゃ
まぶたの裏側うらがわ ほしめぐ

あんなにあいしてると きしめたあの
ちゃんとサヨナラ たぶんできた

いたみけずるように かかとつけたら
きらいなよるがまた ふかくなったと

あきにはあきかぜいて みちびいてくこころのままに
ひとあいよろこびには かなわない

このかなしみも このよるさえも
季節きせつごとにわってくから
うそつきなのは ないふりした こころかな