文字サイズ
よみがな
のひらそそひかりかがやいている
すべてがよろこびにわるしんじている
花咲はなさくように

季節きせつりかえて やさしいかぜわた
かたいつぼみ目覚めざめのとき
ささやいてぎてく

心熱こころあつ芽生めばえてる ねがいま かなえよう
大地濡だいちぬらすあめ勇気ゆうきになれ

なみだまらないよるでも ゆめ灯火ともしびたかかか
せつなさ そのこうかくれてる
つよ気持きもらしていたい
明日あすきれいに花咲はなさくように…


木漏こも日煌びきらめいて まぶしいあさがめぐる
ほころびかけたはなびらたちを
やすらぎでらして

むねめたおもいとか ひとつほらひらいてく
あおそらへ しなやかにびよう

のひらそそひかりを こぼさないよう
きしめてる
しずかなぬくもりにたされて いろどられる
花咲はなさくように…

ためいき 月影つきかげくもっても
んだひとみっていたい
かなしみ そのさきまれてる
笑顔えがおだけはわすれたくない
明日あすきれいに花咲はなさくように