文字サイズ
よみがな
きみ笑顔えがおを ひとつのこらず
見逃みのがしたくないから ぼく部屋へやらそう

すこけた素肌すはだが シャツをしろてる
いつもの坂道さかみちのぼれば きみいええる

ポケットの小銭こぜにだけじゃ つきまではけないけど
ぼく景色けしきすべきみせてあげる

きみなみだも ひとつのこらず
見逃みのがしたくないから ぼく部屋へやらそう

一日いちにちわるたびに 「サヨナラ また明日あすね」と
今夜こんやからわなくてもいい きみがここにれば

こわれそうなにじいかけてるだけで
なにこわくはなかった きみがいつでも そばにたから

ったころのように つないだふるえてる
昨日きのうまでとちがかぜいま けてゆく

きみ笑顔えがおを ひとつのこらず
見逃みのがしたくないから ぼく部屋へやらそう

きみなみだも その微笑ほほえみも
見逃みのがしたくないから ぼくとここでらそう