文字サイズ
よみがな
きみはいつもとおくの
未来みらいおびえてきている
わりばえのない今日きょうなげ
明日あすのことをおもなや

ゆるやかなときながれは
きみをどうえてくだろう
おも荷物にもつをいくつも こころかさねて

かなわなかったゆめきみ
まることをおしえた
はるにははな なつそらくも
ひとみうつしながら

すべてのつみゆるされることはないだろう
だからいまきるそのほこりをむねかか

まよわずしんじたみちぐに

きみたたか

どんな些細ささいなものにも
いのちはきらめきつづけて
何気なにげない日々ひびなかにこそ
真実しんじつかくされてる

みのらなかったこいきみ
あきらめるつよおしえた
あきさびしさ ふゆきびしさにも
ひとりえながら

あやまちのなかきみがついてゆく
孤独こどくえるちから あるきはじめる勇気ゆうき

こぼれるなみだくじけそうなとき
くだけけばいい

すべてのつみゆるされることはないだろう
だからいまきるそのほこりをむねかか

まよわずしんじたみちぐに

きみたたか
ひとり…きみたたか