文字サイズ
よみがな
だれもみな こころふか部分ぶぶん
さわれないままかくしてる 孤独こどくがあるの

なつかしいゆめのおわり ひかりなか じる
残像ざんぞう隙間すきまでフイに ばれたようながして

うつろいは冷静れいせいにまた わたしを大人おとなにする
無防備むぼうび正直しょうじきなままでいたいのに

いかける わたしのやみはいつから
たりまえのようなかおして みついてしまった?
どこまでも てることない理想りそう
あましてしまう自分じぶんに なりたくないよ

ざわついた日常にちじょうへと うれいはただの予防線よぼうせん
あざやかな未来みらい なぜをそらしているの?

透明とうめいうつくしいほど きずついてしまうなら
このなみだ、このいたみ、ほこりにしよう

はりつめた こころふか部分ぶぶん
おさえようのない情熱じょうねつだまらせようとする
だけどいま わたしの背中せなかして
こえをあげたちいさな勇気ゆうき 見逃みのがさないで

ゆるして ありのままを
すべてをれたいよ

だれもみな こころふか部分ぶぶん
さわれないままかくしてる 孤独こどくきあって
つめあう わたしのやみよわさが
たりまえのようなかおして ひかりうばおうと
がる わたしの背中せなかして
かがやきだす勇気ゆうきしんじて あるいてゆくよ