文字サイズ
よみがな
ひかりなか遊覧船ゆうらんせんがすべる
かぜがそよぐ 足元あしもと
夏草なつくさえてれた

そらちかづいてく ピュアな自分じぶんえる
わざと きずつけたあの
わたしだけの やさしさと

いやなやつだと われたら
わかれやすいわ
かわいくなんて なれないの
大事だいじとき

むかしのことにこだわって とき無駄むだにはしたくない
そらおわりが ないように
もっと とおくをたら
ひかりねて WANDER LAND

渋滞じゅうたいのバイパス まるでミニチュアのまち
やがて おおきないたみも
てんのように えるでしょ

すあてのない 絵葉書えはがき
かぜばすよ
ごめんねってただ それだけを
つたえたかった

わたしのために まり ゆめわすれてほしくない
このなつよりも かがやいて
いまえないけれど
あなたを タフにきて

むかしのことにこだわって とき無駄むだにはしたくない
そらわりが ないように
もっと とおくをたら
ひかりねて WANDER LAND