文字サイズ
よみがな
あめさびしくよるはつま先歩さきあるさむくてこごえそうだから

ねこきず 水面すいめんうつ黒猫くろねこやみ
だれにも見向みむきもされずにいていた

かごなか ふるえてる夕闇ゆうやみけたその身体からだはずぶれのこえだした
ぼくきかかえたなみだれる

あいらしくいてみせたそのひとみ
あなただけをあいしたわたし
なにもかもがえてしまうのなら
ただひとつはそばにさせてしい
永遠えいえん

つき見上みあげて 手招てまねきみあまえる素振すぶほおずり のどらすから

鼻先はなさきひかるしずくをそっとめるあし
なみだ間違まちがえぬようにすくった

よるかげかくれて一人眠ひとりねむってるきみ黒猫くろねこ 地下牢ちかろう
うずくまきみきかかえたなみだれる

臆病おくびょうこえ そっとすりきみ
ぼくかげかくれた黒猫くろねこ
ひとりきりのさびしいよるには
むまできみねむりたい
永遠えいえん

地下牢ちかろううずくま
あなたをきしめていたい

きじゃくるきみがみせたその仕草しぐさぼくむねえない爪痕つめあと

あいらしくいてみせたそのひとみ
あなただけをあいしたわたし
なにもかもがえてしまうのなら
ただひとつそばにさせてしい
永遠えいえん