文字サイズ
よみがな
ひとつふたつ 夜空よぞらえがいてゆく
花火はなび今年ことしもまたってた
ふるまちのくりかえされる景色けしき
ひとたちとています

あなたのいないはじめての季節きせつ
にひらにそっとにぎってた

てんまでとどきそう
歓声かんせいがこだまして 花火はなび
一瞬いっしゅん あなたの場所ばしょらすよ
そのかたち 永遠えいえんわすれぬように きつけた

浴衣ゆかたのすそ すなあそばせながら
潮風しおかぜがほんのりにしみる
みんなみんな おなじものをつめて
それぞれのおもいをかさねるの

もしもあなたがいまここにいたなら
どんなゆめ そらるかしら

てんまでとどきそう
まれてはえてゆく いち波間なみま
それでも あなたがあいしたものは
うつくしく 永遠えいえんにきらめく花火はなび そらたか

てんまでとどきそう
歓声かんせいがこだまして 花火はなび
一瞬いっしゅん あなたの場所ばしょらすよ
そのかたち 永遠えいえんわすれぬように きつけて
てんまでとどきそう
まれてはえてゆく いち波間なみま
それでも あなたがあいしたものは
うつくしく 永遠えいえんにきらめく花火はなび
そらたか
ほらまたひとつ
あざやかに