文字サイズ
よみがな
はじめての予感よかんが そのむねなか
まれていく
永遠えいえんなんてまだ わからないけど
「あなたを つけた…」

つたねつれたそのこえ
はなさない

たったひとつ ひとつだけ
ゆずれないものつけたら
きしめられる もっとつよ
あなた まもるひかりに なりたい

まれたそのから められていた
この出会であすべ
おおきなやみ辿たどいたの
「あなたが いとしい…」

あたたかいかなしいあめなか
わたさない

たったひとつ ひとつだけ
まもれるものがあるなら
まばたきもせず 二人ふたりのみち
あなた らすひかりに なりたい

らなかったの
だれかをこんなに
いとしくおもえるがくると
ほかだれでもなかった
あなたがおしえてくれた

たったひとつ ひとつだけ
ゆずれないものつけたの
まばたきもせず 二人ふたりみち
あなた らすひかりに なりたい

二人ふたりつけたい 永遠えいえん