文字サイズ
よみがな
このからだなかあつめぐ血液けつえき
どんな意味いみがあるというのだろう
当然とうぜん とうがれられない
ずっとまとわりついて
ときにはすくいになり 足枷あしかせになる

あいだとかじょうだとか
足手あしでまとい イラナイ
このはいつも
きるかぬかなのに
くるわされていく
こころはパラドクス

おまえのちからして
ひらいて
孤独こどくなかじゃ だれしてくれやしない
ねむ可能性かのうせい つけて
たたこしてやれ
もし破壊はかいだとしても

何度探なんどさがしてみたって
ここにはこたえは
一体誰いったいだれのとこにあるのだろう
あのなぞかせ
なに生贄いけにえにしても
やっぱりひとりじゃ限界げんかいなのかもな

かとって あまかた
りたくない シリタイ
いなんて
そんなのあまったるい
命取いのちとりになる
葛藤かっとうのパラドクス

最後さいごちからしんじて
しぼって
孤独こどくから自分じぶんやぶってくしかない
あばれる おもいを
もっと上手うまなずけてやれ
もし悪魔あくまだとしても

やさしさとつよさが
同時どうじ存在そんざいするなら
たたかいのなか
真実しんじつなんかない
いのちがけできる
どこまでパラドクス?

おまえのちからして
ひらいて
孤独こどくなかじゃ だれしてくれやしない
ねむ可能性かのうせい つけて
たたこしてやれ
もし破壊はかいだとしても