文字サイズ
よみがな
ねむれなくて ゆびのささくれをむきはじめた
今日きょう きみせた笑顔えがおが ひっかかってとれない
ぼくぼくをまだあきらめられないくせに
大人おとなぶったみたいにわらってせた

ぼくひとてたものを ひろってあつめてばかり
ああわりもの ただそれだけ

あのひとのうたはきずだらけだった
絆創膏ばんそうこうらずに 傷口きずぐちからこぼれしたもの
まれたあいそだてよう
いつかあのひとのようになりたい
ぼくを そらさずにちゃんとてくれたんだ

いつだっていたこたえはマルかバツで
そんなにすべてのことは単純たんじゅんじゃないのに
だれかがめたわくなか賞状しょうじょうなんて
いらないから あいをください

ぼくわらって いかって いて うたったところで
なに世界せかいわらないけど

ぼくだって本当ほんとうきずだらけなんだ
絆創膏ばんそうこうはがせずに 傷口きずぐちふさいでかくしている
だれかにいしでもげつけられなきや
いたい」ってさけべないんだろう?
本当ほんとういまにもたおれそうなくせに

いたみも なみだいかりも あいつくした
ささくれみたいなものなんだ

あのひとのうたはきずだらけたった
絆創膏ばんそうこうらずに 傷口きずぐちからこぼれしたもの
まれたあいそだてよう
いつかあのひとのようになりたい
さあいまいたい」と大声おおごえさけぼう