文字サイズ
よみがな
ねぇ あのあめ
きみぼくとを 出会であわせてくれた

そぅ なにはなさず
つけたにじえるまでたね

約束やくそくきらいだと
わらっては孤独こどくさがしてる
その背中せなか いかけて
もぅ何度なんど何度なんどつないだけど きみは…

永遠えいえんしんじないとった
このあいいまだけのまぼろし
あのにじのようにいつか
空気くうきぼくえなくなる
ここに おもいを おいて

ねぇ あのかぜ
はこんだたねはなかせている

もし そのはな
わらっているなら ぼくはそれでいい

ねこのような まばたきで
うなずかず ぼくはなし
その姿すがた おも
またきみ名前なまえ んでしまうんだ ぼくは…

運命うんめいふねって1人ひとり
たびにでる おそれはないから
あおそらうみはさまれてすす
きみ羽音はおとこえた

永遠えいえんぼくしんじている
このあい未来みらいへとつづくよ
あのにじこうがわ
けるはずさ きみむかえにいそぐよ
えない にじよう