文字サイズ
よみがな
のこりのクリスマスのケーキかかえて
ぼく二人ふたりバイトさき洋菓子屋ようがしや
初対面しょたいめんちかぼくきみはふるさとの
両親りょうしんいもうとのこと たのしげにはなしてた
つめたいかぜぎ はらりとはらりと
したゆき見上みあげたきみ笑顔えがおからなぜかはなせなかった ずっと
東京とうきょうゆきはじめてよ」あどけないこえ んだくろひとみ
きれいだった

りたたみのかさきみけてくれた
ケーキのはこふたかかえて ぼくをかがめた
ちかすぎるほおむね高鳴たかなって
したゆきまないように
きみこえをそばでいてられるように ねがった
もうすこしだけこのままでいたい そんなおもいがいつのまにかこころ
もった

きみせた路面ろめん電車でんしゃ ホームで見送みおくった
おもせば 二人ふたりはもう はじまっていた
あの初雪はつゆき