文字サイズ
よみがな
づけばぼくきみじゃなくて
きみとのおもていたんだ
びないように まもってきたはずだった
こころにもう温度おんどはなかった

かえ何度なんど想像そうぞうしたんだ
きみといる未来みらい

かなしさだけなら
さびしさだけなら
むねにつかえてた
このとげけたかな
「ありがとう」だけなら
「ごめんね」だけなら
彼方かなたまでとおわすれられたんだろうな

かえ何度なんど想像そうぞうしたんだ
きみといる未来みらい
おもえがいたのは
きっとまだわすれたくなくて

かなしさだけなら
さびしさだけなら
はる彼方かなたまで
容易たやすけたのかな
でも もらった言葉ことば
身体からだぬくもりさえ
まだはなれていなくて
まだうごけないまま