文字サイズ
よみがな
バイトさき非常ひじょう階段かいだん そらてるのが
えないきみはなしかける毎日まいにち

理解りかいはしてるつもりでも ココロがしんじてない
なつ 突然とつぜん きみそらえた

きみへのおもむねのこるメモリー
ケンカしてたことが しあわせにおもえる
世界せかいのどこかで きみきてるなら
それだけでもぼくは きっとうれしいのに Never can see

毎日まいにちかたったね 恋人こいびとなのに親友ともだち
イイことやなことしてゼロにしてたね

きみとの日々ひびもどらない でもさよならはわない
そろいの指輪ゆびわながみちちか

わたそら きみへとつづくなら
ぼくらすかぜにこのこえせるよ
きみのすべてが とてもいとしいよ」と
れないで真面目まじめいまえるのに Never can say

ともごした時間とき永遠とわのぬくもり

きみわすれない きみがくれたメモリー
いろあせることなく このむね宿やどるよ
こころのどこかで きみきてるから
どんなときもぼくは くじけることなく Walking my way

わたそら きみへとつづくなら
ぼくらすかぜにこのこえせるよ
きみのすべてがとてもいとしいよ」と
とおぞらこう つめるおもい Never forget