文字サイズ
よみがな
100まんかいのアイ・ラヴ・ユーでそのむねとも
100まんかいのアイ・ラヴ・ユーでその明日あしたらし

ブレーカーのちたような暗闇くらやみきみ
きずせないようにいつもおびえていた

あいされないように あいさないように
愛想笑あいそわらいしてきた 本当ほんとうさびしいのに

さあ おはようをはじめよう
えるようなキスをしよう
手探てさぐりの明日あした二人ふたりならあいせるさ

100まんかいのアイ・ラヴ・ユーでそのむねとも
暗闇くらやみはな
それはいつかほしになり きみの「やみ」を「夜空よぞら」にする
こわがらないで さあ あい欠片かけらばせ
きらきらとひかるそれはずっとっている きみてのひらやわらかさを
っている

氷点下ひょうてんか 絶対ぜったい零度れいど きみがそっとめた
自己嫌悪じこけんおのカーテンの隙間すきまからがあった

人間にんげん視線しせんってこんなにあったかいんだよ
そうやってげたってこごえてゆくだけ

きみ体温たいおんりたい
この情熱じょうねつあいぼう
こおりついたカーテンをいっせーの「せ」でけるよ

100まんかいのアイ・ラヴ・ユーでそのむねとも
100まんかいのアイ・ラヴ・ユーでその憂鬱ゆううつくせ

100まんかいのアイ・ラヴ・ユーでそのむねとも
暗闇くらやみはな
それは退屈たいくつくし 「平熱へいねつ」を「情熱じょうねつ」にする
100まんかいのアイ・ラヴ・ユーで いま
きみいたアイ・ヘイト・ミーをくだ
ぼく今日きょうきていく
きみてのひらあったかさでぼく体温たいおんたしかめて

今日きょうきていく

100まんかいのアイ・ラヴ・ユーでそのむねとも
100まんかいのアイ・ラヴ・ユーでそのむねとも

いつも一歩いっぽせぬ両足りょうあし
つかそこねてきた両手りょうて
昨日きのうばかりうつひとみ
ただ黙々もくもくみゃくむね

100まんかいのアイ・ラヴ・ユーでとも