文字サイズ
よみがな
たとえば自分じぶんあざむ
にした1カラットのひかりより
本気ほんきいどんでながした
なみだのほうがよほどあったかいと
気付きづいたんだ

一人ひとりでいればらくだなんて
つよがるたびこころいてた
つながるおなそらした
そばにいると 笑顔えがおれるまで

こんななみだにも
夜明よあけはるの?
ぼくだって きみだって
だれもがうたがってしまうけど…

君以外きみいがい だれひとり 出来できない
つたうような ひびくような 笑顔えがおがある
そのときが いまではなくたっていい
どんなとおくてもいい
そのまですすめばいい
わらえるまで

無理むりしてわらおうとするたび
むなしくなるこころづいてた
よわさをみとめてはじめて
あるせる一歩いっぽがあるはず

どんななやみにも こたえはあると
きみだって ぼくだって
だれもがしんじていけるから

君以外きみいがい だれひとり 出来できない
つたうような ひびくような 笑顔えがおがある
そのときが いまではなくたっていい
どんなとおくてもいい
そのまですすめばいい

君以外きみいがい だれひとり 出来できない
つたうような ひびくような 笑顔えがおがある
そのときいまではなくたっていい
いまつらくてもいい
そのまで…

君以外きみいがい だれひとり 出来できない
つたうような ひびくような 笑顔えがおがある
そのときが いまではなくたっていい
どんなとおくてもいい
そのまですすめばいい
わらえるまで