文字サイズ
よみがな
ちいさなころゆめ
ずいぶん理由りゆうもなくおおきくて

ふとしたさいおも
そのたび どこかくすぐったくなる

大人おとなへのみちあるくごとに
だんだんとうすらいでいったけれど

毎日まいにち出会であかお 出会であ景色けしき
大事だいじなそのすべてを

ちょっとだけでもいい
元気げんきづけてあげたい そうおもったら

なんでだろう きゅうによみがえりだすの
あの気持きもちが
あののわたしが

ピカピカしてた しょうらいのゆめ より
いまのわたしは普通ふつう

できないことがありすぎて
くちびるんでばかりいるんだ

屋上おくじょうからおろしてたまち
ためいきやさしげにつつみこんで

ありのままそのまま それでいいよと
おしえてくれてるようで

どれだけやれるのかわからないけど
途中とちゅうげたくない

そっとのびひとつ「またがんばろう」って
言葉ことばにしてみた
口元くちもとゆるんだ

想像そうぞうとはすこちがってたけど
夢見ゆめみたステージにわたしはいる

ひとりひとりにこえこころ
つたわるこの場所ばしょから

毎日まいにち出会であかお 出会であ景色けしき
大事だいじなそのすべてを

ちょっとだけでもいい
元気げんきづけてあげたい そうおもったら

客席きゃくせきから両手りょうておおきくってたの
あののわたしが
あののわたしが