文字サイズ
よみがな
いつかあのおもおなじように
きみえていくから

祭囃子まつりばやしひびなか
なつわるにおいがした
夕暮ゆうぐきみわせたえき
改札口かいさつぐちぎれば
今日きょうきみとはさよならなんだ
める理由りゆうがあったらいいのに

うつむくぼくのぞ
おどけたようにわらきみ
最初さいしょ最後さいご二人ふたりだけのよる
いつもの裏道うらみちけて
けてくきみ背中せなか
きだなんて、ぼくえないでいた。

こころにずっといたあなめるように
夜空よぞら繚乱りょうらん花火はなびが キラリ キラリ
綺麗きれいだねってそっとつぶやきみ
つよにぎりしめていた

はじめて出会であったころ
だれよりもわらきみ見惚みほれて
やさしいひとだとおもった
笑顔えがおうらでは
ひとりでなみだながしている
そんなきみだれより大切たいせつなのに
なにもできないでいた

さよならじゃ
形容けいようできない
いつまでもわすれないよ
あの花火はなびのように
ぼくなかいまつづけているんだ

こころにずっといたあなめるように
きみなみだ欠片かけらが ひらり ひらり
つなげなかったぼくたちの未来みらいはきっと
なつまぼろしだったから

夜空よぞら満開まんかい花火はなびがるころ
きみのいない世界せかいぼくいたよ
いつかほかだれかとむすばれても
ぼくおもすのだろう
とあるなつ蜉蝣かげろう
ゆめ揺蕩たゆた