文字サイズ
よみがな
あめ季節きせつわたそら
ながめてひとおも
きっと きみとの距離きょりはもう
あのくものように とおくなってしまった

おもしていた あの言葉ことば
ふゆいけどなついや

いとしくおもほど 貴女あなたくるしんだ
そうぼくおな
うしなこわさとえない気持きも
まるで針鼠はりねずみのジレンマ
さよなら

あか季節きせつったそら
つめたいかぜはこ
ずっと きみとの日々ひびはもう
もどるはずもない そうあきらめていた

もどってたんだ きみ
さむよるいたい

さびしくこごえそうなときにはとも
そうきみおな
二度目にどめなつちかづいた
このままではあやまちをかえすだけだろう

いつまでつづきみとのこい
わずらわしくなる きみ体温たいおん
貴女あなた気持きもかってきたよ
ふゆだけのこい あつよるはね 寝苦ねぐるしい

さびしくこごえそうなときだけとも
そうきみおな
今年ことしなつちかづいた
このままではあやまちをかえすだけ

いとしくおもほど 貴女あなたくるしんだ
そうぼくおな
けれどもいつか二人ふたり
はだかえる
きっとるはず

ARPK