文字サイズ
よみがな
部屋へやひびまぬサイレンス
まどこう 夕闇ゆうやみのシネマ
ゆるやかに降下こうかする太陽たいよう
星空ほしぞらあらわれそうにない

曇天架どんてんかかる送電線そうでんせんゆがんだ五線譜ごせんふえる
はじめた音譜おんぷしずく今日きょう不協和音ふきょうわおん

あめねがいを すべあらながしてくれ
ぬぐれないむなしさを あやふやな期待きたいさえも
土砂降どしゃぶりのなかきみこえこえたんだ
過去かこわず未来みらいなどたずに瞬間しゅんかんだけをきろ
かさすという手段しゅだんたない雑草ざっそうのように」

れている情熱じょうねつほのお
人知ひとしれずえてしまうのか
はいになり 二度にどかがやけずに
因果いんがさえれてしまうのか

自分じぶん何者なにものなのか ” なんてわかはしないが
こたえはい ” ってこたえは もうきたくないんだ

あめうたえど とどかないとなげくのなら
てのないせつなさは大粒おおつぶなみだになる
宿やど場所ばしょもとめて彷徨さまよ人々ひとびとなみ
まぎれること出来できずにこばことさえしないでいるのなら
むまでくし ずぶれになればいい

おどおどいもきも さぁおどまつ
らせ らせ そらあおいで いざ派手はでおのれしめせ」

あめしずかに この世界せかいつないで
地上ちじょうそら隙間すきまを ひびれたこころなにもかも
とうとあめつよべてくれ
ぬぐれないむなしさに つぶされないように
雨止あめやみのなかきみこえかえした
過去かこわず未来みらいなどたずに この瞬間しゅんかんだけをきろ」
くも ひかりせば きみは もうない