文字サイズ
よみがな
あのよる ぼくらふとって
にぎやかなみせ その片隅かたすみ
からっぽのワイングラス いくつもならべて
何故なぜだかきみぼくえらんだ
それからずっと それからたまに
ぼく詩人しじんはメールまち

ぎたつめ あつ指先ゆびさき
まだひとがれるようなひとみ
いつでもかれはそんな調子ちょうし
ぼく詩人しじんはメールまち

となりせきだれかが今夜こんや
らんかおしてぼくらのはなし いている
いつかくしたどお記憶きおくてのない手紙てがみ
なおったはずのわるくせ
せつなくてむねいたむようで
ずっとこうしていたいようで

ねぇ きみならうまくえるだろう?
ねぇ だれもがどうしてこんなに孤独こどくなんだ?
ねぇ ぼくらはどこへかえりたいんだい?
ここではないどこかへ

ちいさな路地ろじそらせまくて
きみはいつでもさきあるいた
みぎひだりわかれたあと
きみいてった
「それをさがしてる。ずっとそれをさがしてる。」

枯葉かれはんで背中せなかとおざかる
時間じかんのトンネルけてまたここでおう
自由じゆうはここにある
ぼく詩人しじんはメールまち
ぼく詩人しじんとメールまち