文字サイズ
よみがな
どうしてそら色変いろかえるのって
先生せんせい昔聞むかしきいたんだ
おもせずにそら見上みあげて
なんとなくなみだがこぼれた
それにしてもそらはキレイだ

あかいキーボードてたって
さびしそうにきみはなすんだ
いてあげらんないなら仕方しかたない
可哀想かわいそうだもんつてわらった
ひさしぶりにまたうたいたいね
こえにならずむねなか

もうなつかしくおもえるくらいに
ぼくらはそれぞれ日々ひびごしてきた
あれからぼくきみ
大人おとなになれたのかなあ
そんなもしなくはないな

わりゆくこのまちなか
いてた未来みらいとはちが
日々ひびなみだながれたとしても
うたおうあののメロディを

夜空よぞらから朝焼あさやけにわって
ようやくはなゆめこと
ずかしくてだれにもえないようゆめつづ
おぼえてるよちゃんといま

ゆめかたちわったって
そんなんはどうだっていいんだ
わすれないでほしいっておもことやまほどあんだ
わらった事流ことながしたなみだ
ちょうたったあのころ

えたりしないから
ときがどれだけってこうとも
ごした時間じかんぼくらを
つなめているからきみ
きみじゃなくならないでよ
いつになってもいいから
またあのメロディを

うたつづけること意味いみ
ぼくなりにめてみる
きみわすれてしまわぬように
うたおういまこのメロディを

わりゆくこのまちなか
いてた未来みらいとはちが
日々ひびなみだながれたとしても
うたおうあののメロディを

どうせならかがやけよ未来みらい
だれもがわらあるけるように
いつまでもむねひびくように
うたおうあののメロディを