文字サイズ
よみがな
にぎやかになるひとこえ
自然しぜん気持きもちもたかぶっていく
カランコロン季節きせつおとがバックグランドミュージック
きみむかえにいこう

なつにある風物詩ふうぶつし赤提灯あかちょうちんとおまつ
それにつられてさそわれて
だから今日きょうきみもなんだかうれしそうだ
ぼくおなじさ

つきかり 2人ふたりらしてる
をつなげる距離きょりがもどかしくて
すこしだけすずしいよるかぜ
きみかみらす

あわいたなつこい花火はなび
君色きみいろめられてく
すぐそば微笑ほほえ横顔よこがお
きみのことがだれよりもきなんだ

パッといた夜空よぞら花火はなび
人混ひとごみにまぎれないよに
ぎゅっとつかんだ手離てばなさないように
したかったぼくだけのものに
このわってしまえば
つぎはいつえるんだろうか
むねおくいたんだ
なにもえずうつむいてたんだ

だれもいないあの場所ばしょ2人ふたり
ながぼしさがしたなつそら
ねがいをめた気持きもちはいま
言葉ことばにはできなくて

あわいたなつこい花火はなび
ちかくてとおぼくらの距離きょり
まだそば微笑ほほえ横顔よこがお
時間じかんだけがぎてゆく
むねいたいよ

最後さいご花火はなびがってわった
夜空よぞら見上みあおもがれた
かえりたくない
気持きもつたえたい
だけどもうえきまではあとわずか
姿すがたさびしくなんだ
一緒いっしょにいるとおもつのんだ
いっそのこと
もうこのままでいい
だからあとすこきみのそばに

つきかり 2人ふたりらしてる
なにもいえずにかえすよ
うし姿すがたちいさくなってく
やっぱりつたえたくて

あわいたなつこい花火はなび
君色きみいろめられてく
かえみち一人ひとりつぶやいた
きみのことがだれよりもきなんだ