文字サイズ
よみがな
五百円玉ごひゃくえんだま
一枚いちまいあるだけで
どんなものだってえるとおもんでた
あのころ ぼくはまだどもだった

しのそのおく
偶然ぐうぜんつけた
とおむかしばあちゃんにもらった
なにかのお駄賃だちんだろう

くずしちゃうのがもったいなくて
ふたこわれたえんぴつばこしたかくしてた
本当ほんとうしいものがいつのかできたとき
これを使つかおうっておもってたんだ

五百円玉ごひゃくえんだま
宝物たからものだった
家族かぞくにも友達ともだちにもりかをってない
それはなかぼくだけがっている秘密ひみつはなし
てのひらせた
銀色ぎんいろ硬貨こうか ああ
ぎゅっとにぎめながら つよ自分じぶんでいられたら
どんなゆめかなうってしんじてた

かなしいよるおとてずに
つきあかりでしのそのおくたしかめた
これ以上いじょうつらくなったら この一枚いちまいして
らないまちげてしまおう

五百円玉ごひゃくえんだま
味方みかただったんだ
大人おとなになっても大事だいじにしてたよ
どんなときだって不安ふあんげなこのぼく勇気ゆうきをくれた
たかが小銭こぜにだと
だれかはうけど ああ
ぼくにとってはいまだって なにより価値かちある大金たいきん
絶対ぜったい つかれないおも貯金ちょきん

五百円玉ごひゃくえんだま
宝物たからものだった
家族かぞくにも友達ともだちにもりかをってない
それはなかぼくだけがっている秘密ひみつはなし
てのひらせた
銀色ぎんいろ硬貨こうか ああ
ぎゅっとにぎめながら つよ自分じぶんでいられたら
どんなゆめかなうってしんじてた