文字サイズ
よみがな
このえきに ひとりてば かなしみをひきずる
過去かこからげてきても あなたのかげ背中せなか
海鳥うみどりひくんで ゆうこんれの家路いえじ
なみだれたわたし
何処どこけばいいのでしょう
汽車きしゃはしきたきたはし
わたしを のこして
改札口かいさつぐち りるひと
まばらな さびれたまち
さむこころだけが ながたびわりさがして

あすはまた たびおんな おも
荷物にもつをひとつてに 見知みしらぬかぜみさき
燈台とうだいあかりせめて 昨日きのうまでとどけば
のぼりの汽車きしゃって
もどることも出来できるけれど
きたえる あかいランプだけが
わたしを のこして
くらうみけとばかり
このむね ふるわすけれど
やせたこころだけが いまはあいわりさがして

汽車きしゃはしきたきたはし
わたしを のこして
改札口かいさつぐち りるひと
まばらな さびれたまち
さむこころだけが ながたびわりさがして