文字サイズ
よみがな
流行はやりうたうたえなくて ダサイはずのこのおれ
おまえとはな一年いちねんぎ いい男性おとこになったつもりが

それでもこの年齢としまでおれそだてたはだかこころ
おシャレをしても くるまえても 結局けっきょく変化へんかもないまま

はやわすれるはずの ありふれたわかれを
あのときのメロディーがおもさせる

シングルベッドでゆめとおまえいてたころ
くだらないことだって 二人ふたりわらえたね
今夜こんやかぜかおりは あのころおなじで
つぎこいでもしてりゃ つらくないのに

みちみたいなはじまりが 二年にねんつづいたあのこい
はじめておまえいたよるほら おれほうふるえてたね

こいいしころよりも あふれてるとおもってた
なのにダイヤモンドより つけられない

シングルベッドで二人ふたり なみだいてたころ
どっちからわかばなしするかけてた

あのころにもどれるなら おまえはなさない

シングルベッドでゆめとおまえいてたころ
くだらないことだって 二人ふたりわらえたね
今夜こんやかぜかおりは あのころおなじで
つぎこいでもしてりゃ ああ つらくないのに