文字サイズ
よみがな
あらわれたそれははる最中さなか えもえぬままかがやいていた
どんな言葉ことばもどんな手振てぶりもりやしないみたいだ
そのからぼくむねにはあらしいたままはなれないんだ
ひとこえりた あおまなこ落雷らくらい

れながらおどるそのかみくろほかのどれよりたおやかでした
すっとえそうな しろはだによく似合にあってました
あなたにはこの世界せかいいろどりが どうえるのかりたくていま
ほおばした こわれそうでただこわかった

すべてはあなたのおもどおかなしくってらばったおもいもすべ
あなたがくれたプレゼント
ゆらゆらかれてふかまどいたうれこいしい

言葉ことばにするのも かたちにするのも そのどれもが覚束おぼつかなくって
ただつめた するとあなたはふっとやさしくわらったんだ
しゃがれたこころも さざめく秘密ひみつがつけば粉々こなごなになって
刹那せつなあいだいたみにこいからだはしったんだ

ふかまどいたうれかえし いつのにかはるになった
あまかおのこかげこいがし ふかふかまよんだ

はなびらがればあなたとおさらば それならぼくおどりませんか
ちゅうはながどうもあなたみたいでまいりました
やがてまためぐりくるはる最中さなか そこはゆたかなひだまりでした
をやつしてやまない あんなあらしはどこへやら

まだまだこころかえれない そのほそこえでどうかだましておくれ
カラカラにてるまで
ふらふらられてあまかおのこかげまぼろし

きたい言葉ことばいたいおもいも わらうくらいやまほどあって
それでもあなたをまえにすると なんにもてはこないなんて
いたみも しびれも くちをつぐんだこいとわかって
あなたのこころはしをかける大事だいじ雷雨らいうだとったんだ

どうかだましておくれ 「あい」とわらっておくれ
いつかえるまで そのままでいて

言葉ことばにするのも かたちにするのも そのどれもが覚束おぼつかなくって
ただつめた するとあなたはふっとやさしくわらったんだ
しゃがれたこころも さざめく秘密ひみつがつけば粉々こなごなになって
刹那せつなあいだいたみにこいからだはしったんだ