文字サイズ
よみがな
すこまえあるきみ
うでまわきよせた
大切たいせつにしたい」そうおもうたび
いそ気持きもちに背中せなかされて
そうさ、

ほんのすこしずつでいい
ふたりをちかづけたくて
ぼくほうばかりはなしてたね
ああ、もっとかりあいたい

今日きょうときだけが
とおぎてしまう
あとすこおもとどけたいのに

つたえたい言葉ことば
にぎりしめるままで
ぼくはまた
「おやすみ」ときみうんだろう

素直すなおになるのが
こわいわけじゃないんだ
あいしてる
本当ほんとうだから えなくて

きみきな映画えいがとか
きみきなカフェにこう
りたいんだよ、はなしてほしい
ああ、そばにいるよこんなに

きみまもるとか
そんなことじゃなくて
その笑顔えがおつめていたいだけさ

つたえたいおも
めてくれるまで
だれよりも
きみのことかりたいから

きしめることを
たりまえにしたくない
あいしてる
この気持きもちだけたしかめて


いつかふたりが言葉ことばくしたよる
ここまでもどってればいい
り、どんなくるしいことだって
えられるって

Oh,しあわせにしよう
それがぼくちかいさ
わらわずにいてしい
いまとどけよう

素直すなおになるのが
こわいわけじゃなかった
あいしてる
きみとふたりであるきたい

きみわらって
あるきたい