文字サイズ
よみがな
みかけのかんビールけたぼくとよくている
布団ふとん寝転ねころすこしだけねむろう
なにもかんがえないように出来できれば1ないように
きみがいない朝迎あさむかえるまえ

時間じかんかたちにするだけのこいだったとか運命うんめいじゃないとか
って結局自分けっきょくじぶんまもくせ全然変ぜんぜんかわっちゃいないよ
自分じぶんでもあきれるほどにさ

ゆがんでしまった世界せかいがきっと
ぼくらを見兼みかねてあの日君ひきみってしまった
うばわれた時間じかんはずっと退屈たいくつ
「どうすれば~」なんて頭巡あたまめぐらす日々ひびです

がつけばぼくほとんどをきみめていた
それじゃあのこされたぼく毎日まいにち意味いみれていた

手持ても無沙汰ぶさたになったような
どうしようもなくなったよるよる
きみわれた言葉ことばおもしている

だいたいあなたはいつだって
わけばっかりでいやになっちゃったっていう
きみうし姿見送すがたみおくったあのもどれたら

玄関先手げんかんせんてつかんであやまたおして
きみもどせたとして
何回なんかい何回目なんかいめだっけ?のかえ
結局けっきょくなにもわりはしないとつぶやくのさ

最低さいていなんてわせないで」
きみこえぼく中煩ちゅううるさめぐ
どうやったっておな未来みらい
やんだところでどうせ
きみじゃないんなら意味いみないからなんてさ
無意識むいしきのうちにおもしている
朝焼あさやけはすこきみにおいがしたようがしたんだよ