文字サイズ
よみがな
むせるたびおもいだすみち
そういえば必然ひつぜんしずけさに
でも何故なぜかどこか

怠惰たいだのときには境目さかいめはきえて
だかららずにうたうの
きみのまちのこと

なきながられてもいい
りていたなみだはリバーへ
目覚めざめはあおく空気くうきをかんでいる

おいでないで
まっすぐばせば
彼方かなたからおとずれる
こえのないあさ

時計とけいなかにはいつもかくれんぼ
だけど一体いったいなにるのかは
ぼくることじゃない

おおベイべーきみがだれだとしても
おおベイベーえかかるおとのなかにいて

おいでないで
きこえる吐息といきあめのよう
いきづくるかぜはちがうほしへさそうの

おいで
手放てばな瞬間しゅんかんまで見届みとどけては
彼方かなたからおとずれる
風景ふうけいをずっとながめてるわ