文字サイズ
よみがな
窓際まどぎわりかかる やわらかな日差ひざしから
いつもとちがはるおとかんじてる

がつけばこのそらばたいていけるように
ふたつのはねぼく背中せなかあたえられてたの

まよって つかめなくて どこまでいけばいいの?
ねぇ頑張がんばらなきゃって 夢叶ゆめかうって はげましてくれたひと
おもって はねひろげたら 「さよなら」 わずにゆくから
つよがりなぼくでいたいから


どこからかいたようなこえがして けば
無数むすうかぜぼく背中せなかしてくれてたの

つないでいたいものは そんなにえらべなくて
ねぇ きみにぎって ゆめなかしてしまおうか
なんてね ふざけてみせても 「さよなら」 さええなかった
弱虫よわむしぼくかくしてた


いつかきっとたどりけるんだ
ぶのが苦手にがてとりたちも
だからめたんだ
えない明日あすへのそら上手うまべなくても


ひろがるそらひと旅立たびだまえねが
おもいがこの場所ばしょ言葉ことばになって んでいけたらいいなぁ
なんてね かっこつけないで 「さよなら」 えるはずなのに
つよがりなぼくでいたいから

ぼくらしくきていたいから