文字サイズ
よみがな
「ねぇ、わたしのことどうおもってる?」
「あなたにきたいことは、ただそれだけ。」
「なのに今日きょうも、言葉ことば遠回とおまわり。」
「あなたもおな気持きもち?おしえて、ねぇ?」

もうすぐで閉園へいえん時刻じこく
二人ふたり海辺うみべのぞんだ
虹色にじいろ時計とけい見上みあげた
いざ観覧車かんらんしゃとき
すこしだけあしがすくんだ
何故なぜだろう
予感よかんがしてた

よる遊園地ゆうえんち 無数むすうひかりつぶ
宝石ほうせきみたいにキラキラれてた

いま こいがゆっくりとまわしたら
このよる満開まんかいはな
おもいはあなたからくちにしてよね
「I need you...」
Oh 世界中せかいじゅうかがやくようなLOVE

もうすぐで頂上ちょうじょう地点ちてん
ソワソワししたあなたは
まどそと ずっとつめてた
そんな弱気よわきなあなたの背中せなか
すようにとなりった
ずかしいね
かおあかくなる

ミニチュアのまち見下みおろすそらうえ
三日月みかづきゆびとどきそうな距離きょり

いま こいがゆっくりとまわしたら
このよる満天まんてんほし
わたしをまっすぐにつめてってよね
「I need you...」
Oh 世界中せかいじゅううらやむようなLOVE

いまそっと地上ちじょうもどころ
やっとあなたがった「きです」が
一生懸命いっしょうけんめいすぎて 不器用ぶきようすぎて
わらって わらって いた
いまこいがゆっくりとまわしたら
このよる満開まんかいはな
今度こんど夜空よぞらうえきしめて
「I need you…」
「I need you…」
「I need you…」
Oh 世界中せかいじゅうかがやくようなLOVE