文字サイズ
よみがな
サンタクロースのしがるものを
このだれもがらないように
しいものがあるのかどうかも
かんがえたことがなかったように
きみ本当ほんとうなにしいのか
きみ本当ほんとうなにがしたいのか
いたいことも やりたいことも
かんがえたことないかもしれないや

ぼくにとってのサンタクロースはきみだよ
なんてそんな冗談じょうだんったらすこしはロマンチックに
おもってくれたらうれしいんだけれど
こんなことさえ歌詞かしえて
みんなのまえうたってるぼくきみたらやっぱり
最低さいていだ」っていてしまうだろう

それでも時間じかんつというのは
本当ほんとう不思議ふしぎなもんで
きみがいないことにたいして
最近さいきんなみだながれない
そんなことをおもうたびに
ぼくいていたきみへの気持きも
こんなにちいさなものだったんだと
きずえてえてきずついて

ごめんね いまはそれしかえないや

まちなか男女だんじょ
もしかするといま永遠えいえん
わかれをげてるとっても
きみ指差ゆびさしまだわらえんの?
けないよるはないんだ」
とどうかはげまさないでおくれ
「このよるだけはわらないで」
ねがよるぼくにもるからさ

ごめんね いまはそれしかえないや

きみごした人生じんせいだって
ぼくらのごした人生じんせいだって
だれかにとっては関係かんけいないけど
ぼくはずっとわすれない
けないよるはないんだと
ぼくきみはげまさないさ
このよるだけはわらないでとねがよるきみにもるから
時間じかんがたって ごした景色けしきとおざかり
ぼくらのあいにもホコリがかぶる
そういうふうにできている
こんなことさえ歌詞かしえて
みんなまえうたってるぼく
きみがみたらやっぱり
最低さいていだ」っていてしまうだろう