文字サイズ
よみがな
ははやみぼくんだ
でもぼくたましい
天使てんしのようにかがや
けれどぼくやみにしかめない

ははおしえてくれた
のぼ朝日あさひながら
ぼくをそっといて
そらしてこうった

あそこから神様かみさま
ねつひかりをくださるの
きとしけるものたちは
みんないただくの そのあい

ああ 片隅かたすみまれ
つよねつえるさだめ宿命しゅくめい
悲惨ひさんかおはそのねつ
さえぎくも

ねつえるすべ まなぶと
くもかみ
おいで 黄金おうごんのテントをまわれ
子羊こひつじたち

はははそうはなした
だから天使てんしいて
ひかりやみえて
かみのもと つどうとき
ぼくくもつくろう
きみかみひざでおねむ
ようやくぼくらは なれるはず
しんともだちに

やみぶのはクリスティーヌ
雨粒あまつぶきみのよう クリスティーヌ
きみだけだった
はるへいざなうかぜ いわ穿うがなみは クリスティーヌ

むねにあふれるクリスティーヌ
きみうたひびくよ クリスティーヌ
仮面かめんした
きみのたおやかな魅力みりょく気品きひんが クリスティーヌ

ぼくそむくならば
だれにもわたすものかクリスティーヌ
つみがあるならあいという無実むじつ
わたさない だれにも
あいしながらきみのろ
あいして のろって あいして
ああ クリスティーヌ