文字サイズ
よみがな
このみちとおるたびに チクリとおもすよ
きみとふたりあるいてく 影絵かげえ時間じかんきだった

ふたつのかげはいつも 微妙びみょう距離きょりのままで
とりとめのないはなしばかりしながら ならんでびてたね

もどかしいくらいに 不器用ぶきようこいだったけど
そういうところも わたしたちらしかった

あのとおんなじ茜空あかねぞら きみも どこかでてるかな
いまはひとつだけ れるかげぼうし むねがツンとなる

さよならとって した現在いままよもあるけど
おものなかで まらない自分じぶんでいたいの だから
あるさなきゃ

なつかしいかおり ふいに 記憶きおくこすよ
金木犀きんもくせいかぜむね瞬間しゅんかんきだった

つめたい指先ゆびさき そっとつつんでくれた
何気なにげないようで すごくあたたかかった

大丈夫だいじょうぶなんて おさなつよがり きみづいていて
づかないふりをしてくれてたんだ いまならわかるよ

ときもどっても きっともう一度いちど きみきになるよ
まち風景ふうけいも そんな気持きもちも いつかはにじんでけてしまうのかな

夕闇ゆうやみがそっとりてくるごろ
ずっとけなかった そのぶんのナミダが ひとつぶちた

あのとおんなじ茜空あかねぞら きみも どこかでてるかな
どうしてかてるようながするの 笑顔えがおだといいな

さよなら ありがとう えなかったけど 季節きせつがめぐっても
やさしいおもは いつもわたしつよくしてくれる ずっと
いとしいままで