文字サイズ
よみがな
昨日きのうゆめのおはなしさ
チャペルをある二人ふたり
祝福しゅくふくこえ ひびわたって
陽射ひざしがきらめいてる

しあわせがこぼれそうで 呼吸こきゅうめた
ぎこちないエスコートで 微笑ほほえきみ
どうしてだろう なみだあふれて 目覚めざめた

Happy Wedding ゆびきりをしよう
しろなフェザーシャワーくぐりけたら
永遠えいえんちかうKISSをして
Happy Wedding ずっとっているよ
さるほどのあい
このハートにきざみつけて
かならぼくむかえにくる約束やくそく
Love you

おもいをげあう それだけで
かぜさえいろづくのに
とこしえのいと むすべるなんて
まるでゆめのようだね

カナリアのさえずりが ぼくらの讃美歌さんびか
をつなぎ 未来みらいまで ばたくのさ
かみいのりを やさしいあさがくるように

Happy Wedding ぼくほこりさ
自分じぶんよりいとしいひとがいること
ひとみうよ ベールをあげて
Happy Wedding いつのかまた
いたずらな運命さだめ
ながされてもきみのことを
かならつけしてあげる 約束やくそく

ひとふたちるなみだしずく
あつ永久とわひかるティアラにしよう

Happy Wedding まれたから
められていたのさ ぼくらの出逢であ
薬指くすりゆびがひきあうきずな
Happy Wedding ずっとっているよ
さるほどのあい
このハートにきざみつけて
かならぼくむかえにくる約束やくそく
Love you
Love you