文字サイズ
よみがな
終電しゅうでん間際まぎわ すべりこんだ
えきのホーム ためいきまで
まれて はこばれてく
いつもの車両しゃりょう られ

まどあさちが景色けしきせてながれる
ふいにうつつかがお
ああ きみはあの場所ばしょ
今頃いまごろなにしてるかな?

おなそらした つながってる
そのこころれていたい
どんなときだって ひとりじゃない
おしえてくれた

はなれてたって わらないよ
きみはそううけど そうかな?
からだ距離きょりこころ距離きょり
比例ひれいしていくみたい いつも

週末しゅうまつはいいけど 日曜日にちようびさびしいよ
ひとりの映画えいがもいいけど
ああ きみもあの場所ばしょ
わたしもとめてるかな

おなそらした つながってる
そのぬくもりきしめたい
どんなときだって ひとりじゃない
おしえてくれた

今年ことし開花かいか例年れいねんよりもおくれるそうです
そちらのさくら今頃いまごろ 何部なんぶきですか?

まどから ふと きみこえが そう
のせいか したような
昨日きのう ゆめなか
きみきゅうあらわれたんだ
だまって 微笑ほほえんで
ぼくのことを じっとつめて
なにかを そう いかけて
朝日あさひともえていった
かろやかに はなやかに
さくらえていった
あのとききみ背中せなか
ぼくは ずっとおぼえているよ
かえらず ある
はなれてゆく 2人ふたり距離きょり
このつめたい はるかぜ
いますぐきみはしりだす

おなそらした つながってる
そのぬくもりきしめたい
どんなときだって ひとりじゃない
おしえてくれた