文字サイズ
よみがな
ゆっくり そそいでゆく
ゆっくり あふれてゆく
ゆっくり ゆっくり ながれてゆく

あと一歩いっぽずつちかづいたら
ぼくたちはもどれない
さびしさと退屈たいくつはいつも
おなじようないろだから

部屋へやには
においものこさない
期待きたいいだかない
最後さいごうしなうなら

朝焼あさやけのまちなんて
たくはなかった
ひとりぼっち あおえていく
道端みちばたてられた人形にんぎょうおな
ぼくかえれない

おな煙草たばこければ
沈黙ちんもくながれてく
よごれたものはもどせないこと
本当ほんとうづいてた

いつでも
苛立いらだきずつけて
そのくせこわくなって
やさしいふりをしてる

いた愛情あいじょうじゃ
どこへもゆけない
二度にどないむかえをっている
駅前えきまえてられた自転車じてんしゃおな
ぼくうごけない

窓辺まどべいた
果実かじつくさ
ゆるされていたとき
かくせないのは
証拠しょうこじゃなくて
よわさだった

朝焼あさやけのまちなんて
たくはなかった
ひとりぼっち あおえていく
道端みちばたてられた人形にんぎょうおな
かえれない

いた愛情あいじょうじゃ
どこへもゆけない
二度にどないむかえをっている
駅前えきまえてられた自転車じてんしゃおな
ぼくうごけない