文字サイズ
よみがな
こわれていたのは世界せかいでしょうか
間違まちがっていたのは世界せかいでしょうか
あなたにはあさがやってこない
だから あなたの「おはよう」はもうけない

ときもどれば、なんておもいながら
わたしはあなたをこんなおりめている
こえれるまでうたつづければ
きっといてくれるよね

またいつか ひかりまち
つないであるきましょう
そらあおさをわすれるなんて
まったく 本当ほんとうにあなたは馬鹿ばか

こわれていたのは世界せかいではなくて
間違まちがっていたのはあなただけれど
うそかためられた世界せかいでも
ごめんね あなたにきていてほしいの

ときもどれば、なんておもいながら
わたしはもう すこしだけあきらめている
こえれるまでうたつづけるのは
あなただけのためじゃない

またいつか はるそら
二人ふたり つないで あるきましょう
なにらないあなたでいいの
わたしはどこにもかないから

「リリィ、リリィ きみしあわせなんて
ねがってたあのころもどれないんだ」
ってるよ どうにもならないことも
でもきらいになんてなれなかったよ

またいつか ひかりうたいながら
二人ふたり つないで あるきましょう
けないよるはないとおしえてくれたこと
わたしいてくれたこと
「あなたをわすれないよ」

「リリィ」
「なあに」
「ねえ ぼく ほんとに きみきだよ」

「リリィ」
「なあに」
きみはどう?」
わたしも」

あなたがきよ