文字サイズ
よみがな
ほどいたらむすべない そんな距離感きょりかんこわくて
臆病おくびょうなネクタイとちがえたボタン
曖昧あいまい気持きもちに いろれたのは春先はるさき
制服せいふくすそなおかえきみだった

不安未満ふあんみまんあなひとつ
群青色ぐんじょういろそらひろがるほころ

きになっちゃいけないんだ。」
それはこいはじまる方程式ほうていしき
しゴムでこすれないおもには
いつでも きみがいたことにづいた

したはずでも あかいクレヨンだけなくて
この気持きもちはなんだっけ? 名前なまえなんだっけ?
透明とうめいなままにしていた

もしもばかりをかぞえては
今日きょうめずいる問一といいち

きじゃおさまらない
こころ最難関さいなんかんのテスト
くち一秒いちびょう
「これからさき」「これまで」
えてしまうなんて

他愛たあいないはなしひび放課後ほうかご
夕日ゆうひ手招てまね静寂せいじゃくとカーテン
何気なにげないことに脈打みゃくうこころ
きっと ボクもらずに
あのからこいしていたんだ

教科書きょうかしょにはしるされない このいだけの解答かいとう

きになっちゃいけないんだ。」
それはこいはじまる方程式ほうていしき
解答かいとうのわからないおもには
いつでもきみがいたことに
きだってことに

づいた