文字サイズ
よみがな
かなえたい こたえたい
背負せおんできたものが
どれだけおもくたって
かまわない かえしてみせるさ

限界げんかいだ そのキャパを
何度なんどえてきたことか
酸素さんそりなくて
たおんださき
はな
まだけられないだろう

なつ神様かみさまかせろ
つか未来みらい切符きっぷ
にじんだいたあしでも
あきらめられないだろう
たとえながみちなきみちつづいても
辿たどいてみせる
どろじりの そのしずく
ゆめらすひかりになるまで

なさけない 不甲斐ふがいない
アウトになるたびに
あせりがかおして
まよいのなか まってしまったり

くやしさも くるしさも
一歩前いっぽまえくために
必要ひつよう燃料ねんりょう
はしつづけたさき
よろこびに
いまからいにくんだ

なつ神様かみさまかせろ
ひらおれのドア
灼熱しゃくねつ太陽たいようよりあつくなれ
かがやきたいんだ
たとえとお背中せなかえなくても
してみせる
どろじりの そのしずく
ゆめらすひかりになるまで

なつあおそらひびかせるんだ
らせ未来みらいかね
こわいものなんてない
ぶつかればいい
ここまでえてきただろう
たとえにが結末けつまつ運命さだめでも
蹴散けちらしてえてみせる
雨上あめあがりの にじのように
終幕さいごにはながしたものすべ笑顔えがお