文字サイズ
よみがな
こおりのような ほのおのような
おまえのはだうえしずかにすべちてゆく
ちいさなさけびが からだ中響なかひびいてる

もどれないとかっていても このこころ められない
りかえれば景色けしきとおざかり もっとつよ魂寄たましいよせあう

雨粒あまつぶのように たがいをいこんで
いきおいをつけて ふたりながれていって
だれもいない世界せかいへゆこう どこまでたどりつけるだろう?

ざりあいたい のように
あざやかなひかりはなちながら
ってしまおう いきかさねあって
二人ふたりかつ境界線きょうかいせん

どこかでけものえて
あわつきまるつめちからはいぼくをもっとせる

けてしまおう じないで
これ以上いじょうなにもうしなわないように
よろこびでかなしみをつつ覚悟かくごをしよう
ためらわないで すすんでゆける
ゆめえるほう