文字サイズ
よみがな
いじわるな時間とき
さらわれそうで ふとあしじる

そう ゆめはずっとつづいている
目覚めざめて ながめた らされてる景色けしきなか
ゆるすことをにしながら またほしかぞえている
こえひそめて 約束やくそくした つよかぜにうたれながら

をつないであるいた しがみついてあるいた
さよならのつめたさをっていたから

ココロのなかはどこからみえる?
ダレが名付なづけて どこにあるの?
たずねてみるけど あいまいなままで
なくしたカギを さがして

そうきっとつよさを たしかめただけ
このおもいをむねうつしだせるのなら
コトバはもうくもにかくれあめわってりてきて
おもなみだのこらずながしてゆくの

をつないであるいた しがみついてあるいた
しんじることにすこふるえてたから

いたままでさけんだ つたわるまでさけんだ
こわがりのよわさなどかきすように

かなえられることなどないとそらちかった
まもられていたことに気付きづけずにいた

をつないであるいていた しがみついてあるいていた
さよならのつめたさをぬくもりにかえて…

ゆめつづきを…