文字サイズ
よみがな
今朝けさからずっとりつづいてる
雨音あまおとみみをかたむけて
あのわれた最後さいご言葉ことば
いまでもずっとかんがえてる
きみぼくといて本当ほんとうしあわせだったの?ちがうよね」
"さよなら"だけで十分じゅうぶんだったのに
わかってたのに

あのとおりのそばには紫陽花あじさいいてる
あめたれながらうつくしくかがやく まるでその姿すがた
ふかきずついててもこぼせなかったなみだ
最後さいごまでえんじた うそをついた
大好だいすきな気持きも

どれだけ月日つきひながれただろう
かぜとどくあなたのうわさ
こえないように
うごかないようにこころかたざしてた
あたらしいこい出会であっても
だれかをずっとあいするのは
自分じぶんにはきっと出来できないんだから
臆病おくびょうなままで

友達ともだちからとどいた紫陽花あじさいている
こんなにもこころこおりついてるなら
つたえればよかった
かなしいとき微笑ほほえこぼせなかったなみだ
最後さいごまでえんじた うそをついた
大好だいすきな気持きもち…わたしのこころ