1. 歌詞検索UtaTen
  2. n-buna
  3. 白ゆき歌詞

2016.7.6 リリース

「白ゆき」の歌詞 n-buna

iTunesで購入
曲名
白ゆき
アルバム
月を歩いている
金額
¥200
友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
どくまえ
五畳ごじょう一間ひとまで、なつ見下みおろすように
あののことをおもっている

はる河原かわらまえあるいたあのは、
よるわすれるようなあさ

河川かせんのベンチにはねむる、だれか。
まるで黒檀こくたんだった。くろかみねむったはるがいた。

まだ心臓しんぞうのこってるどくが、
嗚呼ああくるったみたいにむねいていた。」

いて snow white 今日きょうわらっていてもう、
もう一回僕いっかいぼくらのなが人生じんせい気取きどってキスしたら

最低さいていな、あいな、甲斐性かいしょうなしな論理ろんり
もうちょっとだけわすれる努力どりょくとか

どくまえにあのころのことを
人並ひとなみにもなれずにあるいたぼくの、いままでのこと。

きらいになったのはゆめ明日あす
ほこれるものなんて肥大ひだいした自尊心じそんしんだけだった。
はる出会であったあのひとかおだけ。おぼえてるはずむねかすんでいく。」

そうだ snow white いて 気取きどってないでもう、
もういいよ、貴方あなた記憶きおくなんかわらってれよ

最低さいていんでしまうなら今日きょうだとおもった
もうずっとだれ期待きたいもされぬまま

水差みずさしをまどいて くすねたどくそそいで かわいたかみつづった
結局僕けっきょくぼくにはなにもなかった」

すべてがむなしくなって 紙切かみきれをそらほうって 毒水どくみずくちふくんだ

貴方あなたのことをおもした。

snow white いてわらってうれいて
もうなんで貴方あなたねむってるかおかんでえなくて

最低さいてい

いて snow white どうかわらっていてもう、
もう一回僕いっかいぼくらのなが人生じんせい気取きどってキスしたら

最低さいていな、あいな、甲斐性かいしょうなしな論理ろんり
もうちょっとだけ貴方あなたさがせたら
もう一歩いっぽだけあるいてみれるかな

どくすように


しらゆき/なぶな

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:白ゆき 歌手:n-buna

リンクコード:

ブログ用リンク: